スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.01.08 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2度目の自転車日本縦断完走!

    0
      日本縦断3,418km。
      約33年ぶりに、自転車で日本縦断完走しました!!
      1度目は、21歳のときでした。そのときは実際に沖縄から北海道宗谷岬まで現地の道を走ったのですが、今回は、地元徳島の道と、自宅のローラー台の上でペダルをこぎ続けました。
      長かった〜。
      アトピー発症のために、日中、リアル道路を長時間走ることができなくなったため、1日に数キロ程度しか距離は稼げませんでした。また、怪我などで数ヶ月乗らないときもたびたびありました。
      事故して自転車が大破したこともありました。
      おかげで、スタートしてから9年もかかってしまいました。(苦笑)
      1度目のときは26日間で走ったのに・・・。
      ま、歳が違います・・・。(笑)
      仕事もありますし・・・。
      しんどいから今日は休む・・・って日もたくさんありましたし。(それが一番多いかも)
      正直、ローラー台の上でただひたすらペダルをこぎ続けるって、ちっとも面白くないんですよ。
      景色は変わらないし、前から風が吹いてこないので暑いし。あそこの橋まで走ろう・・・などといった目標もないのでやる気が失せるし・・・。

      でも。

      のろまなカメでも、1日わずか数キロでも、ペダルを踏む限り前に向かって少しずつは進んでいるわけで、たとえ何年かかろうと、ゴールにはたどり着ける。努力を怠らなければ夢は必ず叶う。・・・ということを学んだ気がします。

      それにしても、つくづく思うのは。
      「日本は広い」


       

      あと132km!

      0
        日本縦断2度目の自転車日本縦断完走まであと132kmです。
        と言っても、実際に現地を走っているわけではありません。9年前から、自転車で徳島の道を走ったり、自宅でローラー台の上でペダルをこいだりした距離を記録しています。

        コースは、図の通りかなりジグザグしてますが、これは47都道府県をすべて走破するためです。今から約33年前の、1度目のリアル日本縦断のときには、この計画のコースは通れず、550kmも短いコースとなってしまいました。なので、今回はそのリベンジというわけです。

        当時は26日で走りきったのですが、今回は何ヶ月も走らない日があったり、また一日に数キロしか走らなかったりで、9年も経っているのにまだ完走できないという、なんとも情けない自分です。
        しかしながら、あと132kmということで、あらためてこうやって自分の走った距離を地図上で確認すると、時間はかかったけれどよく走ったなあと思います。

        ・・・いやいや、まだ完走してないので感想はもう少し先。ですね。
        現在地は、北海道の音威子府付近です。33年前も最終日は音威子府からでした。ここから日本最北端の宗谷岬までは、当時なら一日の距離ですが、今は一日では走れません。

        それにしても、日本って、広いですね!

        祝3,000km

        0
          なんのこっちゃ?と言われるかもしれませんね。
          地元徳島の道と、自宅のローラー台の上を自転車で走った距離を積算して、日本を縦断しようという計画を数年前から実行に移しているのですが、何ヶ月も休んだりしながらなので、なかなか距離が伸びません。
          しかも、一日に走る距離も数km。多くてもせいぜい20kmぐらいですので、これでは日本最北端の地、宗谷岬にたどりつくのはいつのことやら・・・。
          と思っていたのですが、本日ようやく積算距離が3,000kmを超えました! 計画したコースのゴールまであと400km少々です。
          このぶんなら、月に100km走るとして4ヶ月あれば達成しそうです。
          宗谷岬に無事たどり着いたら、その後は・・・?
          折り返して、別のルートで帰ってくるのもいいかも? そうしたら日本一周ですね?

          許せない夜間の自転車無灯火

          0
            最近、私は夜になると自転車で出かけることが多くなってきました。
            なぜかというと、だいたいこの時期になれば阿波踊りの練習が各連とも活発になり、例に漏れずウチの連も6月は週に3回練習が行われます。7月に入ったら週5回です。それで、その練習場所まで自転車で通うのです。

            ところが、しばしば危ない目に遭うことがあります。
            一番多いのが、無灯火でしかも前方不注意でつっこんでくるヤツ。
            試しに、きのうの夜、阿波踊りの練習場所までの往復で、私が遭遇した自転車のうちのライト点灯率をリサーチしてみたところ、50余台のうちの約40%が無灯火でした。
            見たところ、自転車にはダイナモランプがちゃんと装着されているにもかかわらず、それを使っていないのです。
            ダイナモは点けるとペダルが重くなるのでいやなのか、それとも単に面倒くさいからなのか。

            当然ですが、私はライトも点け、テールランプも点滅させております。
            だから、例えば歩道に自転車レーンを設けてあるところを、こちらに向かって右側通行してくる自転車が居ても、向こうからこちらは認識できるはずですが、向こうがノーライトですと、間近にならないと、こちらからは見えないことがあります。
            さらに、道幅いっぱいに3台4台でおしゃべりしながら並進してくる中高生や、前を全く見ずにひたすら携帯電話のメールを片手運転で読みながら爆走してくるおねーさんも居ますので、正面衝突しそうになることも珍しくありません。

            3年前、私は自転車で交差点を直進中、対向車(自動車)が右折してきてぶつかったことがあります。
            相手の運転者は、直進していた私の存在に気づかなかったようです(もちろんライトを点けていたにもかかわらず、です)。
            そのときのライトは、たしかに大きさも小さく、そんなに明るくもなかったので、認識してもらえなかったようです。
            なので、今は大きくて超明るいライトに変えて走っています。

            結局、無灯火で走っていていちばん困るのは自分自身だと思うのです。
            自分の存在を認識してもらえなかったら、事故はそのうち必ず起こります。
            痛いのは自分です。いや、痛いだけならまだしも、場合によっては死んでしまうことだってあります。

            ダイナモはペダルが重くなっていやなら、電池式や充電式のバッテリーライトを使えばよろしい。3千円も出せばいいのが買えます。追突防止にテールランプも必要ですね。反射鏡だけではだめです。自分で発光するヤツが要ります。
            自分の体は自分で守りましょう。

            エコノムフォースHL-EL540RC

            ビンディングペダル、2度目の立ちゴケ(T_T)

            0
              昨夜、阿波踊りの練習に行こうと、いつもの道をいつものように走っていたのですが、信号に引っかかり、止まろうとして(というかほとんど止まった状態で)、右側の歩行者用の信号をチラ見した(これを右折して横断しようとした)瞬間、ビンディングペダルから足が外れず、左側にガシャッと倒れてしまいました。
              倒れる瞬間に、地面に対して肘鉄と膝蹴りを食らわせたと見え、肘と膝どちらにも擦り傷を作ってしまいました。
              膝関節には特に痛みはありませんので、こちらはたいしたことはないようです。
              しかし、肘のほうは、曲げ伸ばしをするとそこそこ痛いです。

              自転車は、フレームの左側後ろ三角のシートステイ(ホイールの中心からサドルに向かっているパイプ)が、ちょうど倒れたときに車道と歩道との境の縁石にぶつかったと見え、数カ所傷がついていました。(T-T)
              他に大きなダメージはなさそうです。

              気を取り直して、練習場所までゆっくり走り出しました。
              時間が経っても、肘の痛みが治まりません。とはいえ、骨が折れているとかのレベルの痛みじゃないし、痛いながらも肘関節はまあまあ動かせるので、あまりたいしたことはないと思います。

              寝る前に湿布して寝ました。まあ、しばらくは痛いかもしれません。
              それにしても、立ちゴケって、最高にカッコワルイですよね〜。しかも自転車はそこそこ目立つ配色のロードバイクですからね〜。
              というか、カッコつけてビンディングペダルなんか使うからそんなことになるわけで。
              普通のペダルに戻した方がいいかもしれません。(/_;)

              久々のロードバイク

              0
                きょうから阿波踊りの練習場所が藍場浜公園になり、ほんとに久々にロードバイクで行くことにしました。
                なんと、去年の8月以来ですから、実に10ヶ月もの間ほったらかしです。
                一昨年は、お盆が終わった後の週一回の室内練習にも自転車で行っていたのに、去年はぜ〜んぜん。
                どうしたんでしょう?私・・・。
                いやあ〜。トシとともに練習場所が年々遠くなる〜。
                しかしそんなことを言っていたのでは、ますますトシとってしまうし、夏に向けて体力もつけていかなくてはなりませんので、きょうからまたがんばって復活です。
                同時に、バーチャル日本縦断も再開ということになりますが、現在は、福島県二本松市と福島市の間ぐらいですかねえ?
                目的地の北海道宗谷岬まではまだ1,100kmもあるのですよ。まだまだ遠いですね。
                沖縄県那覇市を出発したのが、2005年の10月。もう7年目になるというのに、まだ全行程の3分の2です。
                ほんと。日本って広いよなあ。この距離を、わずか3週間ちょっとで走り抜けた30年前って、私もまだ若かったんですね。

                あ、バーチャル日本縦断って、なんのこっちゃ?・・・って、思っている人もいると思うので、ちょっと説明しておきますが、実は私、上にも書いたように、まだハタチそこそこの頃に、自転車で日本縦断をしたのです。
                で、そのときは、諸事情により、計画していたコースを大幅に変更し、距離もだいぶ短くなってしまいました。
                もちろんそれでも沖縄から北海道の宗谷岬まで完走はしたので、とりあえずは成功と言えるのですが、当初の計画とは違うコースというのがどうもひっかかるというか納得していない部分が、私の中にはありました。
                実際のコースを走るのはもう今さら無理としても、同じ距離を地元徳島で少しずつ走ってつなげていくことは可能じゃないか。
                それで、何年かかっても、トータルで日本縦断をもう一度やりたい、しかも当時計画したコースの距離を!・・・と思い立ったのがそもそもの始まりです。

                とは言っても、毎日数キロでも走っていれば、せいぜい2年もあれば完走するはずだったんですが、なにしろすきあらばすぐ休みたがるし、一旦休んでしまうとなかなか重い腰が上がりません。だめですねー。
                ま、そんなこんなで、完走まではまだしばらくかかりそうですが、ここまで来たんだからなんとしても宗谷岬まで行きたいです。

                がんばるぞーーーー!
                (生きているうちに到着するか???・・・・それは、神のみぞ知る・・・)

                阿波踊り外練習

                0
                  本日6月1日から、屋外での踊り練習が始まりました。

                  きょうは雨は降ってませんので自転車で出動。先日ステムを短いのに付け替えてからの初試乗です。
                  今まで付いていたステムは長いため、ハンドルが遠すぎて、ポジションはどうも私の体にはマッチしていないと常々思っていました。思っていながら、1年8ヶ月もそのまま我慢して乗っていました。(さっさと交換しろって!)

                  さて、練習場所まで往復11.5kmを走ってみての感想は・・・
                  おおっ!やっぱり付け替えて正解!ちょうどいいや。
                  サドルも少しだけ前に寄せ、その分5mmぐらい上に上げたことで、ペダルも踏みやすくなりました。
                  自転車のポジション出しって、難しいけど、うまく自分の体とバランスが取れると、乗り心地にすごく影響しますね。
                  今のポジションがベストかどうかはまだわかりませんが、少なくとも以前よりははるかにいいです。
                  もっと早くやっときゃよかった・・・。


                  それにしても、きょうの屋外練習。ちょっぴり寒かったですね。

                  自転車のステムを交換しました

                  0
                    わが愛車、COLNAGOちゃんですが、手が短い私にとってはハンドルがかなり遠く、いつも厳しいポジションを強いられていました。
                    そこで、このたびステムを思い切って40mm短いものに交換することにしました。
                    本日、宅配便で到着。
                    早速取り付け、ついでにサドルも少し前に寄せました。
                    ローラー台の上でちょっと乗っただけですが、だいぶ楽になったような気がします。
                    といってもローラー台ではよくわからないので、今度実際に路上を走ってみたいと思います。

                    SHIMANO PRO LT

                    バーチャル日本縦断

                    0
                      新潟県の皆様、こんにちは!
                      突然すぎてなんのこっちゃよくわからんでしょうが・・・。(笑)
                      今、自転車日本縦断完走目指して走っているのですが、現在地が新潟県ということなのです。
                      まあそう言っても実際に現地を走っているわけではなく、私が自転車で日頃走行した距離を足していき、それを地図上のコースに置き換えているわけです。つまり、自転車で実際に走っているのは現実ですが、コースはバーチャルなものですね。
                      コースどりによっては、距離がだいぶ変わってくると思いますが、私が決めたコースは47都道府県をすべて通過するコースなので、結構ジグザグして距離が長いです。
                      今のところ、沖縄県を出発点に、九州、四国、中国、近畿、北陸と走破して、のべ1,600kmを超えたところです。
                      それでもまだ半分も走ってません。
                      やっぱり宗谷岬は遠いなあ〜。

                      SPD-SLペダル

                      0
                        PD-R540-S

                        フラットペダルから、ShimanoのPD-R540に交換しました。
                        簡単に言うと、ペダルとシューズとがクリートという金具を介して合体します。
                        昔の人間ならトゥクリップ、ストラップがなじみでしょう。
                        まあ言ってみればスキーのビンディングと同様のものです。踏むとカチッと嵌ります。
                        外すときは、足のかかとを外側にひねります。

                        メリットは、常にベストのポジションでペダリングができ、足の力を効率よくペダルに伝えることが出来るということ、「引き足」が使えるので、ペダルを回す力が倍増することです。
                        特に、上り坂で威力を発揮します。1〜2段重いギヤが使えますので、ダンシングで登ると楽々です。
                        平地では「引き足」を意識的に使わない限りあまり差はないようにも思いますが、メーターで見る限り確実にスピードは増しているし、ロスが少ない分、楽に移動できているということになります。

                        デメリットは、大きな金具(クリート)が靴底についているため、大変歩きづらいです。

                        Shimanoのビンディングペダルは、大きく分けて2種類あり、SPDというタイプ(クリートが小さいもの)と、SPD-SLというタイプ(クリートが大きなもの)とがあり、どちらにするか大いに迷いました。
                        SPDのほうがクリートが小さく、また靴底の中に埋まっているように取り付けられるため、歩きやすいというメリットがありますが、小ささゆえにペダルを「点で踏む」ような感覚で、長時間踏み続けるとそこが痛くなることがあるらしいです。
                        一方、SPD-SLのほうは、クリートがでかいので、自転車を降りて歩くことが多い人には向いていません。そのかわり、ペダルを「面で踏む」ような感覚で、安定感・カッチリ感はこちらのタイプが高いとのことです。
                        私は両方を試して比較したわけではないので、メリット・デメリットについては人から聞いた話を元に想像するしかありませんでしたが、私の自転車の使い方としては、自転車を降りて歩くことはほとんどないだろうと思いましたので、SPD-SLのほうに決めました。

                        取り付けてすぐに立ちゴケしました!
                        これは、ビンディングペダルを初めて使う人は必ず経験することなので、「ヤッパリヤッテシモタ!」という感じですね。(笑)
                        でもこれはすぐ慣れます。
                        つけ外しは慣れれば簡単だし、例えば信号で止まったときなどは、ペダルを外さずに電柱やガードレールを手でつかんで青信号を待つということもできます。ま、ペダルを外すという動作に慣れるということも必要でしょうから、実際には状況に応じて併用でしょうね。

                        思った以上に自転車に乗ることが楽しいです。


                        さて、その「おかげ」か? 日本縦断も距離が伸びてまいりました。
                        現在、沖縄を出発してから走行距離は1,500kmを超えております。場所で言うと、だいたい石川県と富山県の県境あたりだと思います。
                        まだまだ宗谷岬は遠く、遥か彼方ではありますが、少しずつ、確実に縮まっているのは事実です。コツコツと続けていけば夢は必ず現実となるでしょう。・・・・・・・ナニゴトも!


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << April 2018 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1587 最後に更新した日:2014/11/26

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM